現場の管理監督|フリーランスでやりたいを発揮|しがらみに逆らう

フリーランスでやりたいを発揮|しがらみに逆らう

メンズ

現場の管理監督

作業員

高い能力を必要とする

施工管理とは、現場の稼働状況を管理監督する責任者です。最近の建設現場では、作業内容が複雑になっている事に加えて分業制が主流になっています。マルチでなんでもできる業者や人が減少しており、より専門的な業者がその役割ごとに担当することがほとんどになっています。一つ工期に遅れが生じるとその先の作業すべてに遅れが発生してしますのです。前の作業が終了しないと次の作業に移行できない場合、待ち時間が発生してしまい無駄なコストを発生させることになるのです。これらは積み重ねると相当数な無駄なコストになってしまいます。そのため施工管理の役割は、非常に重要なものになっているのです。現場担当から施工管理にすることが一番ですが、スキルが必要となるため、難しくなっています。

求めるスキルが高い

施工管理の求人も出されています。内部からの輩出が難しいこともあり、外部に新規求人を出すことも多くなっています。工期の完了までを期限として派遣などで施工管理の人材を求人することもあります。採用活動は難航しているのが現状です。それは施工管理に携わる人のスキルが高いものだからです。求められるスキルは、チームをまとめる力とともに、スケジュール管理能力などがあります。特にできる限り先を見据えて、より効率的にスケジュールを組み立て、臨機応変に修正することができるスキルです。これは現場で身につけることが一番効果的なのですが、その人材が存在しない以上、外部求人にゆだねるほかないのです。求めるスキルに達しているかを判断する事も大事なのです。